【特別なお知らせ】65歳以上の方を対象に「サポカー補助金」が交付されます!

2020/03/28


サポカー補助金は令和2年度も引き続き実施となります
令和元年度補正予算において措置された「サポカー補助金」は、繰越が決定し、令和2年度も引き続き実施されることとなりました。そちらに伴いまして、令和2年度中に満65歳以上となる方も補助の対象となります。ただし、令和2年度中に満65歳となる方については、令和2年3月31日までに登録・届出された場合は補助の対象になりませんのでご注意ください。

サポカー補助金とは
満65歳以上となる運転者(免許所有者)、および満65歳以上となる運転者を雇用する事業者を対象に、ペダル踏み間違い急発進抑制装置や対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能を搭載した自動車を購入した際に、補助金が交付されます。

補助金額
①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能&ペダル踏み間違い急発進抑制装置機能
 新車登録車10万円 新車軽自動車7万円 中古車4万円
②対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能
 新車登録車6万円 新車軽自動車3万円 中古車2万円

補助を受けるには条件があります
(1)2020年3月末時点で満65歳を迎える方の場合(免許所有者)
新車は2019年12月23日以降に登録・届出された車、中古車は2020年3月9日以降に中古車登録・届出された車が対象です。
(2)2021年3月末時点で満65歳を迎える方の場合(免許所有者)
2020年4月1日以降に登録・届出された車が対象です。
※2020年3月31日以前に登録・届出された場合は補助の対象外となります)
(3)但し、申請総額が予算額を超過次第、終了となります。
(4)補助金交付を受けた車については、登録日・届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。違反すると補助金は返納となります。事故等により廃車した場合は返納しなくても問題ございませんが、変更手続書類の提出が必要となります。
(5)補助の対象は、1人につき1台限りです。
(6)法人名義について、自家用自動車については補助の対象外です。事業者用(タクシー、宅配など)については補助の対象になります。1事業者につき65歳以上の人数を超える車両の交付は受けられません。
(7)申請に必要となる主な書類は下記となります。申請手続きの詳細等については、スタッフまでご相談下さい。
  ①補助金交付申請書
  ②自動車検査証(車検証)の写し
  ③運転免許証の写し
  ④補助金振込先金融機関の通帳の写し
  ⑤代金の支払い手続きが完了したことを証する書類
   (領収書の写し、注文書の写し、リース契約書の写しなど)
  ⑥上記「(4)事業者用」の確認に必要な書類

充実の「三菱のサポカー」ラインアップ!!

※eKクロス、eKワゴンはe-Assistレス車を除きます。※ミニキャブバン、ミニキャブトラックはグレードにより異なります。
※eKスペースカスタムにつきましては在庫限りの販売となります。無くなり次第、販売終了となりますのであらかじめご了承ください。
三菱はSUVから軽自動車まで、幅広いラインアップで「サポカー」をご用意しております。ショールームでは、今後の安心・安全なカーライフのため、サポカーについてご説明させていただきますので、ぜひスタッフまでおたずねください。ご本人様に限らず、満65歳以上のご家族がお乗りになるお車につきましてもご相談承ります。



三菱のサポカー(機能説明)はこちらのメーカーサイトもご覧ください
ご参考 次世代自動車振興センター サポカー補助金のご案内