eKクロス スペース/eKスペースが2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞

2020/12/07
三菱自動車工業株式会社は、軽スーパーハイトワゴンの『eKクロス スペース』『eKスペース』が2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー*1の新たに創設された、総合的に優れた軽自動車を選出する部門賞である「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞*2したことを発表しました。
 

eKクロス スペース


eKスペース

 
今回の受賞理由は以下の通りです。
「実用性の高いスーパーハイトワゴンながら、コントロールのしやすい、安定感の高い走行性能で軽自動車の水準を引き上げた。内装の質感やシートの座り心地も評価を集めた。さらに登録車と同等性能の先進安全運転支援システム『マイパイロット』の採用も大きな魅力になっている。」

三菱自動車は昨年、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』で「スモールモビリティ部門賞」を受賞*3しており、eKシリーズが2年連続で軽・スモールを対象とした部門賞を受賞しています。
 
力強いSUVテイストの『eKクロス スペース』とスタイリッシュで親しみやすい『eKスペース』は、クラストップの後席シートスライド量*4や、足先でサッと開閉できるハンズフリーオートスライドドアにより、使い勝手の良い、広々とした快適な室内空間を提供します。またドライバーの負担を軽減する高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」と、乗る人すべてに安心・安全をサポートする予防安全技術「三菱e-Assist」も装備し、三菱自動車らしさを追求した軽スーパーハイトワゴンとして好評を博しています。
 
またeKシリーズは、2001年の初代『eKワゴン』の発売から来年で20周年を迎えます。お客様にながく愛される真に“いい軽”を提供したいという想いで、その時代に求められる“いい軽”を追求。これまでの累計販売台数は110万台以上(2020年11月末時点)となっており、多くのお客様にお乗りいただいています。
 
*1・・・日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催
*2・・・日産『ルークス』と同時受賞
*3・・・日産『デイズ』と同時受賞
*4・・・軽スーパーハイトワゴンクラス=全高1700㎜以上かつ、エンジンをボンネット内に配置した軽自動車。2020年2月三菱自動車工業調べ。
 
■2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの概要
41回目を迎えた今回の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2019年11月1日から2020年10月31日までに日本国内で発表または発売された乗用車を対象としています。11月4日に「10ベストカー」が選出され、11月25日の10ベストカー試乗会を経て選考委員による投票が行われ、12月7日の最終選考会にて「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決定。同時に、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」、「K CAR オブ・ザ・イヤー」も決定しました。

eKクロススペースについてはこちら

eKスペースについてはこちら