クリーンエネルギー自動車の導入補助金に関するお知らせ〈2021年7月改訂〉

2021/07/03
三菱のクリーンエネルギー自動車は、以下の国の補助金対象であり、うち1つを受給できます。
名称 車両の初度登録日 申請期間 エクリプス クロスPHEV アウトランダーPHEV
①2021年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 2021年2月20日~2022年2月18日 2022年3月1日必着 21.2万円 21.2万円
②経済産業省補助金
【追加申請・6/30まで】
2021年4月1日~2021年6月30日
※2021年3月31日以前は対象外
2021年8月31日消印まで 28.8万円 28.8万円
②経済産業省補助金
【追加申請・7/1以降】
2021年7月1日~ 原則、登録日より1ヶ月以内
(最終受付9月30日必着)
28.8万円 28.8万円
③環境省補助金 2020年12月21日~ 2021年3月26日~2021年12月28日必着 38.5万円 38.5万円
  ※エクリプスクロス(ガソリン車)は対象外です。
 
①2021年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金
2021年度の補助金です。下記の②③と異なり、外部給電器または充放電設備を同時購入しない場合においても申請できます。詳しくは、次世代自動車振興センターのWebサイトをご確認ください。(http://www.cev-pc.or.jp/
 
②経済産業省補助金
「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」
対象:個人(リース購入も対象)

要件:
(1)EV・PHEVと充放電設備/外部給電器の同時購入*
*三菱のPHEVモデル/1500Wコンセント装着車は、車両自体に外部給電器の機能が搭載されているとみなされ、充放電設備/外部給電器を購入しなくとも本補助金の対象となります。アウトランダーPHEVは1500Wコンセントが全車標準装備です。エクリプス クロス(PHEVモデル)は、PグレードおよびGグレードには1500Wコンセントが標準装備で、Mグレードにはメーカーオプションになります。
(2)車両や設備の活用状況等モニタリング調査事業への参画、地域で災害等が生じた場合の可能な範囲での協力。

●車両への補助金に加えて下記の補助を受給できます。
・充放電設備本体価格の1/2(最大75万円)および設置工事費の一部(最大40万円)
・外部給電器本体価格の1/3(最大50万円)
※車両の初度登録日によって、申請期限が異なります。詳しくは次世代自動車振興センターWebサイトをあわせてご確認ください。
 
③環境省補助金
「再エネ電力と電気自動車や燃料電池 自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」
対象:個人や民間事業者(中小企業)、地方公共団体等(リース購入も対象)

要件:
(1)EV・PHEVの購入および、再生可能エネルギー100%電力の調達
(2)車両や設備の活用状況等モニター制度への参画

●車両への補助金に加えて災害時等における地域への貢献等を要件に、下記の補助を受給できます。
・充放電設備本体価格の1/2(最大75万円)および設置工事費の一部(最大40万円)
・外部給電器本体価格の1/3(最大50万円)
 
②③経済産業省/環境省補助金 共通
●申請要件、申請方法、補助額等詳細については、必ず申請前に次世代自動車振興センターのWebサイトをご確認ください。(http://www.cev-pc.or.jp/hojo/r02hosei-cev.html
●申請期間について、予算不足の恐れが発生した場合は補助金交付申請の受付期間が短縮されることがあります。
 
地方自治体の補助金交付について
エクリプス クロスPHEV、アウトランダーPHEVは地方自治体より補助金が交付される場合がございます。(東京都の場合、最大60万円)
詳しくは、次世代自動車振興センターのWebサイトをご確認ください。※都道府県、市区町村など自治体別にご覧いただけます。(http://www.cev-pc.or.jp/local_supports/hokkaido.html