荒川店

店舗情報

取扱商品
住所 〒116-0003 東京都荒川区南千住1-59-7
営業時間 平日10:00AM~6:00PM、土日祝10:00AM~7:00PM
定休日 毎週火曜日、第1・2・3水曜日/他(詳しくは営業カレンダーをご覧ください。)
電話 03-3807-1111
FAX 03-3807-1110
設備 キッズコーナー、フリーWi-Fi

充電設備

荒川店ブログ

チェーンの取り付け方 7

こんにちは

サービスメカニック石橋より「チェーンの取り付け方」の続きです。





 

目で見てしっかりジャッキを設置できたらハンドルを使ってジャッキを伸ばし車を持ち上げます。


持ち上げる高さはチェーンを滑り込ませることのできる最小限にして下さい。


持ち上がった車の下に体や頭を入れないでください。

万が一に脱落した場合を考えて作業を行ってください。


タイヤの内側に入る方をしっかり確認し、


滑り込ませて下さい。

チェーンの取り付け方 6

こんにちは

サービスメカニック石橋より「チェーンの取り付け方」の続きです。





 

車を平らな場所に停車させます。


ジャッキアップポイントを確認します。


ジャッキ接地面が固く平らであることを確認します。

石や雪があれば取り除いてください。


まずはハンドルを使わず手でジャッキを伸ばして目で見ながらしっかり掛けてください。


ジャッキと地面の間はしっかり接地しているか、ジャッキはジャッキアップポイントでしっかり噛み合っているか確認してください。

チェーンの取り付け方 5

こんにちは

サービスメカニック石橋より「チェーンの取り付け方」の続きです。





 


これから作業に入りますが、これでは服が汚れてしまいます。

まず、あると便利なアイテムビニール手袋軍手、雨合羽上下、レジャーシート、ウエットティッシュです。



ビニール手袋は実際作業する場所は雪道なので手が濡れないようにする為、軍手はけが防止の為です。

ビニール手袋をはめてから軍手をはめると良いでしょう。

厚手のビニール手袋だけ、もしくはイボイボの付いた軍手ではパンタジャッキのハンドルを回す時や締め付けゴムを取り付けるときに滑らず苦労します。

雨合羽の上下は作業中腕と膝はタイヤや地面に付くことになりますので着ているものを汚さないためです。

レジャーシートは作業中体を横にしたほうがよい場合もありますし、顔を地面に近付けることもありますので無くても構いませんが、持っていたほうが便利です。

ウエットティッシは作業後の汚れ落としのためです。



着替えましょう。

ここは晴れていて乾燥した路面ですが、イメージは雪道です。

チェーンの取り付け方 4

こんにちは

サービスメカニック石橋より「チェーンの取り付け方」の続きです。





 
お持ちのチェーンの内容物と構造はご確認いただけたでしょうか?





ここからはステップ2実際に取り付けてみます。





車載されているパンタジャッキを使って作業を行いますので、まずは車の取扱説明書をご用意ください。


これはPHEVの取扱説明書です。

車にはジャッキを掛けてもよい場所がそれぞれにあります。

その確認をしっかり行ってください。



間違った場所にかけると事故につながりますので。


ekワゴンの場合。



D5の場合。



PHEVの場合。





注意 その1、必ず平たんな場所に車を停めてください。

注意 その2サイドブレーキを引き、エンジンを切ってください。

注意 その3、ジャッキを設置する路面が硬く平らであることを確認してください。

注意 その4、ジャッキアップは必要最低限の高さまでしかあげないでください。

その他
取扱説明書に書いてあることを守ってください。

 




次回からは私の車で実際に取り付けている写真を使ってご説明いたします。

チェーンの取り付け方 3

こんにちは

サービスメカニック石橋より「チェーンの取り付け方」の続きです。





 

タイヤに巻きつけるチェーンを、巻きつけたつもりで輪にしてください。

すると端と端をつなぐための構造が確認できます。

赤丸を付けた2か所。

上の赤丸がタイヤ内側の接続部分。

下の赤丸がタイヤ外側の接続部分です。






こちらがタイヤ内側の接続部分のアップ。

タイヤ内側は見えづらいため、ワンタッチでしかも確実な取り付けが「パチン」と接続音でも確認できるプラスチックの部品でできています。






こちらはタイヤ外側の接続部分のアップ。

目視でも確認できる場所ですので金属のフックを引っ掛ける構造になっています。






こちらはタイヤ外側にくる固定用のフックです。






タイヤを包んでいないので形がいびつになってしまいますが、このような状態でまず1つ固定用の輪が取り付けられます。

このあと補強で2つの固定用ゴムが取り付けられる構造になっています。





皆様がお持ちのチェーンの構造はこれとは違うかもしれませんが、説明書と見比べながら1つ1つ確認してみてください。