久が原店

店舗情報

取扱商品
住所 〒146-0085 東京都大田区久が原5-3-12
営業時間 10:00~18:00
休業日 毎週火曜日・水曜日 ※祝日や長期連休に伴い、火曜日・水曜日を営業日とする場合がございます。 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
電話 03-3755-3011
FAX 03-3755-3623
設備 キッズコーナー、授乳室、おむつ交換台、ベビーキープ、フリーWi-Fi
決済方法 Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、その他交通系電子マネー
※「PiTaPa」はご利用いただけません。
※当社店舗では電子マネーのチャージは出来ません(楽天Edyのオートチャージは除く)

充電設備

久が原店ブログ

シリーズ熊倉語録 第三章

第三章 「ヒマク」


熊倉さんの迷言集第三弾。

さっそく行きましょう。




~熊倉劇場~

=開演=

店長「事務所内の感染防止対策用ボード設置しといたから」


稲葉、熊倉「ありがとうございまーす」


ーーー数分後


稲葉「感染防止だからしょうがないけど、
       熊倉さんの顔見えなくなっちゃうね」


熊倉「まぁヒマク防がなきゃだからね」


稲葉「・・・え?」


熊倉「ヒマク、危ないじゃん?」


稲葉「・・・」









皮膜(ひまく)
皮膚と粘膜。区別しがたいようなわずかの違い。皮のような膜。


被膜(ひまく)
物をおおい包んでいる膜。

             広〇苑より抜粋





注:

皮膜及び被膜は、危なくありません。

ヒグマは危ないです。

飛沫感染も危ないです。





・・・




皆様、感染症対策を引き続き頑張りましょう。

ヒグマ対策には鈴が良いらしいです。


稲葉の”変態”くるまリポート Part.3

久しぶりの・・・なんと5年ぶりに帰ってきました「”変態”くるまリポート」

このコーナーは、わたくし稲葉が独断と偏見、
そして極めて変態的な視点で車の一押しポイントをご紹介するコーナーです。


前回のpart2は2015年のブログなので、大人の事情によりお蔵入りとなっています。

気が向いたら復刻させようかな。気が向いたら・・・




さて前回まではエボXで、インタークーラーやらリアデフューザーなんかを取り上げてきましたが、今回はデリカD:5です。


では、こちらの写真をご覧ください。

 

どうですか・・・



え? 高級感があってキレイ?

違います・・・

電動パーキングブレーキ??


・・・

いやいや、そうじゃなくてコレですよコレ!



そうです。マニュアルモードですよ!



シフトポジションをMにすると、 ギヤが固定されて

↓こちらのパドルシフトでシフトチェンジをするモードに切り替わります。



・・・え?
そんな機能いるのかって?



いやいやいや・・・



新型デリカは8速A/Tなので、

かなりのワイドレシオ化となっている反面、

コルト → エボ と5速MTに乗りなれた私個人的には

アクセルオフ時のエンジンブレーキが物足りなく感じてしまいます。


そんな稲葉的変態思考をお持ちの方向けに作られたのが
このドMモードなのであります!!



しかもしかも!


素晴らしいのはここからですよ・・・




なんとマニュアルモードで回転を上げていくと、レブリミット直前で

まさかの自動変速!!


およそ4000rpmで自動変速!

個人的にはレブ音が聞けないのは寂しいですが、

ディーゼルの回転域に慣れていないので悪くない機能です。



そんなMモード!
稲葉みたいなドMな方は是非とも試してみてください。



ーーーーーーーー注意(ちゅうい)ーーーーーーーー
●本リポートはあくまでも稲葉の個人的、変態的主幹です。Mモードでの走行を推奨するものではありません。また、デリカの最大トルク到達点はおよそ2000rpmです。ディーゼル車の特性上、高回転でパワーが出るわけではありませんし、高回転走行を続けると燃費も大幅に悪化しますのでご注意ください。●パドルシフトは食べ物ではありません。口の中には絶対に入れないでください。万が一飲み込んでしまった場合は、すぐに医師に相談してください。
 

シリーズ熊倉語録 第二章

第二章 「たまによくある」


熊倉さんの迷言集第二弾です。

そうです。

たまによくあります。



はたして、たまにあるのか。はたまたよくあるのか。



どっちとも取れない絶妙な表現。
まさに芸術と呼ぶにふさわしいではありませんか。


さすが熊倉さん。



ということでさっそくググってみると・・・



・・・な、なんと!


ニコ〇コ大百科に興味深い解説が出てました・・・
↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たまによくある」タマニヨクアル(単語)

たまによくあるとは、物事が発生する確率が、たまによくある時に使う言葉である。
 

概要

「たまによくあるよね」と言われてそれが発生する確率は、
1~50%から5割から10割の間である。
「たまによくあるよね」と言う言葉を使う人間の年齢層は、
10代~20代、もしくは30代~40代、または50代~60代の人物
日本人あるいは外国人の男性もしくは女性である。
 

使い方

たまによくある事象に対して、たまによく使う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



う~ん、だめだ。ますます混乱してきた・・・。

そんな言葉を使いこなす熊倉さんは、やっぱりすごいのだと思います。
我々の想像をはるかに超えた超人なのかもしれません・・・。



今後も熊倉語録シリーズをお楽しみに。
ネタはまだまだありますのでw

あと、熊倉語録ファンの皆様は是非お店で熊倉さんとお話ししてください。
もしかしたら、語録が聞けるかもしれませんね。

そうです。

熊倉さんと話してると、たまによくあります。



シリーズ熊倉語録

どうも、稲葉です。
待望の新シリーズです。

題して「熊倉語録」

みんな大好き熊倉さんの名言集みたいなもんですね。

昔からの会社に来る楽しみの一つでもあったんですが、
あまりにも美しい美術品のような間違いばかりなので皆さんと共有したく企画しました。


そうです。熊倉さんが担当のお客様は
薄々気づいてらっしゃるかもしれませんが・・・

熊倉さんとお話をしていると、なにか言い間違いといいますか
ところどころ芸術的な表現やワードが出てくるんですよね。


このシリーズは、そんな熊倉さんの名言ならぬ「迷言」に焦点を当てて、
広く皆様にご紹介できればなぁと思います。




というわけで第一弾は、熊倉さんと映画について話していた時の一幕。









~熊倉劇場~

=開演=



熊倉さん「レンタルビデオ屋さんに文句言いたいんだよね」


稲葉「どうしたの?」


熊「『ジョーカー』が見たかったんだけど、間違えて『it』借りちゃってさ。
   それはいいんだけど、見ようと思ったら吹替も字幕も日本語が無かったんだよね」


稲「そんなこと無いでしょ~聞いたことないよ。」


熊「でも字幕切り替えたら
   韓国語とか、中国語とか、象形文字しか出てこなかったんだよね」


稲「・・・象形文字?」














象形文字(しょうけいもじ):
ものの形をかたどって描かれた文字からなる文字体系で、絵文字からの発展によって生まれたと考えられている。漢字の成り立ち。代表例としては、古代エジプトのヒエログリフ、楔形文字、インダス文字、トンパ文字、マヤ文字、琉球王国のカイダ文字などがある。
                 〇ikipediaより抜粋





たぶん・・・たぶんアラビア語?

まぁそもそも映画を間違えて借りることなんかないですけどね。
その辺が熊倉イリュージョン! カッコいいです。

では次回をお楽しみに☆


てんちょうのミラージュ

どうも、稲葉です

最近当社で話題なのが「ミネラルオフ」。

ブログ見てるといろんなお店で紹介してますよね。




だがしかし!





実際の写真がないし、わかりにくいではないですか・・・。







まぁあっても試乗車で試したものがあるくらいで、
もともと奇麗だからわかりにくい。


さて、どうしたものか・・・











~久が原劇場~

ジーーーーーっ! ウィ~~ン(緞帳が上がる音)

サービス課長「ミネラルオフ!どうにかして良さが伝わらないかなぁ・・・」


そう悩んでいると、一人の紳士が静かに立ち上がり呟いたのです。


紳士「おらのを・・・おらのミラージュを使ってくんちぇ・・・!」


サービス課長「え?それって・・・」


紳士「いんだ・・・」


サービス課長「でも良さを伝えるためには・・・」


紳士「んだ・・・半分だげがげでくんちぇ!」














ということで、半分だけキレイになった店長のミラージュをご覧になりたい方はスタッフまで。
 


あ、この寸劇はフィクションです。
登場する人物は架空であり、実在のものとは関係ありません。
また、店長は紳士ですが標準語で話します。