鹿島店

店舗情報

取扱商品
住所 〒314-0127 茨城県神栖市木崎2854
営業時間 10:00~18:00
休業日 毎週火曜日・水曜日 ※祝日や長期連休に伴い、火曜日・水曜日を営業日とする場合がございます。 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
電話 0299-92-6350
FAX 0299-92-9622
設備 キッズコーナー、おむつ交換台、ベビーキープ、バリアフリー化粧室、車いす用駐車スペース、フリーWi-Fi、AED(自動体外式除細動器)
決済方法 現金、クレジットカード(タッチ決済含む)、Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、その他交通系電子マネー
※「PiTaPa」はご利用いただけません。※当社店舗では電子マネーのチャージは出来ません(楽天Edyのオートチャージは除く)
PayPay、LINE Pay

充電設備

鹿島店ブログ

『鹿島店 店舗ブログを通じて、お客様との繋がりに感謝の気持ちをお伝えします♪』☆東京八王子の鈴木様へ。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。 (★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。

今回の記事は、鹿島店の店舗ブログを通じて、ひとつの出会いと繋がりの話しです。

もう、かれこれ10年前か11年前ですかね、店舗ブログをご覧になって頂いた東京八王子の鈴木様と初めてお会いした時って…。

千葉県銚子市へ観光へ来られた際の帰り道に、鹿島店へお寄り頂き、店舗ブログを見て頂いているご感想などをショールームでお聞きしました。

それからは、定期的に「季節のお便り」など頂き、なかなか私がお礼の手紙等での返信はできず、店舗ブログの記事として、八王子の鈴木様へお礼記事をお伝えする感じとなってしまっていますが…とにかくいつも感謝の気持ちでいっぱいです。


写真:手紙に同封されていたポストカード

数年に一度、電話にてお礼をお伝えする際に、八王子の鈴木様が、ものすごく元気にお過ごしされていることが声から伝わってくるので、私自身、なんだか嬉しいです。

東日本三菱自動車販売「店舗ブログ」の閲覧を毎朝の日課にして頂き、ありがとうございます。
「鹿島店・店舗ブログ」定期更新はしていますが、時折やってきてしまう、パタッと更新せず状態。

これが不思議と定期記事更新でやっていると、次から次へと記事に書く内容って出てくるのですが、記事更新しなくなると、まったくと言っていいほど何を書いていいかも分からなくなりますからね。

そうです!店舗ブログの発信を通して、クルマの購入をして頂いたり、純正用品やサービスメニューの記事を発信すれば「タイヤパンク保証」「デジタルルームミラー」などご注文頂いたり、ショールームでお会いしたお客様へは「伊藤さん、今は登山してないの?」とか、

いや、本当にこの「店舗ブログ」の大切さを体感しております。


写真:鈴木様。「八王子キャンディ」も、まっこと!ありがとうこざいます。

やっぱり、この自動車販売を通じてたっくさんのお客様との「出会い」があります。

カーライフという狭い範囲ではなく、ご趣味のこと、ご家族のこと等、たくさんのことをお聞きして、クルマを通じて「人と人との繋がりがある」のが、この自動車販売店だと思います。

そうなのですよね~。結婚、ご出産、お子様の進学、お子様のご結婚など人生の節目に関わったりすることも多いのです。

ご結婚されるので、今まで奥様となられる方は他メーカーのクルマを乗っていましたが、三菱のクルマを買いたいとか。
娘が就職するので、三菱さんでクルマをお願いしたいとか。
お子さんのサッカーチームの遠征試合の応援で今のクルマではサッカー道具を積載するのに狭くて、今より大きなクルマに乗り換えたいとか。

意外と「クルマを購入・買い替え」する時って、人生で何かしらのイベントがあり、それに関われることが、営業スタッフとしても、鹿島店スタッフ一同としても嬉しいです。

以上で、『鹿島店 店舗ブログを通じて、お客様との繋がりに感謝の気持ちをお伝えします♪』☆東京八王子の鈴木様へ。☆の記事でした。
 


おまけコーナー

もう紅葉の時期も終わりの今日この頃。もう冬ですね。
これからの寒い季節になると、休日チャレンジ中の「鯉釣り」ではたして釣れるのか?


写真:大前神社。栃木県真岡市を流れる「五行川」の鯉チェック中

余談話しですが、先日の休日のこと。栃木県の主な川で釣りをする際に「遊漁券」が必要になり、毎回「日釣券(雑魚釣券)」を釣具店で購入していましたが、もう、年間券の遊漁券に近い遊漁料となり、年末の長期休業の時にも鯉釣りチャレンジを早朝からしたいため、残り1ヶ月弱ですが「年間券(雑魚釣券・鬼怒川漁協)」を購入しました。

クリスマスの頃には、釣具店で来年の年間券が発売される様なので、来年度分も年間券で購入して、思いっ切り、鯉釣りを楽しみたいと思います。
 
KASHIMA LABO.(鹿島ラボ) 伊藤 clover

過去の記事