鹿島店

店舗情報

取扱商品
住所 〒314-0127 茨城県神栖市木崎2854
営業時間 10:00~18:00
休業日 毎週火曜日・水曜日 ※祝日や長期連休に伴い、火曜日・水曜日を営業日とする場合がございます。 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
電話 0299-92-6350
FAX 0299-92-9622
設備 キッズコーナー、おむつ交換台、ベビーキープ、バリアフリー化粧室、車いす用駐車スペース、フリーWi-Fi
決済方法 現金、クレジットカード、Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、その他交通系電子マネー
※「PiTaPa」はご利用いただけません。
※当社店舗では電子マネーのチャージは出来ません(楽天Edyのオートチャージは除く)

充電設備

鹿島店ブログ

『鹿島店・店舗ブログ、木滝先生(お客様)へインタビューした件♪』

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

木滝先生、ご家族皆様で三菱のクルマをお乗り頂き、まっこと!ありがとうございます。

↓前回の木滝先生、登場の鹿島店・店舗ブログの記事はこちら↓
『電気のこと、知れば知るほど面白い件♪』☆PHEVシリーズの自分で電気を作る、貯める、使うシステム編。☆2021年4月5日記事

ショールームでお会いする度に、鹿島店・店舗ブログのご感想をおっしゃって頂いて、記事発信のモチベーションになりますので、重ねて御礼申し上げます。

さて、木滝先生へ、改めて鹿島店・店舗ブログのご感想をお聞きしました。

伊藤「改めて、店舗ブログに関してのインタビューをしたいのですが?」

木滝先生「良いですよ〜。ところで、スッゴいの作ったね〜、電気システム。」

伊藤「バッテリーシステム(自作ポータブル電源システム)・・・そうなんですけど・・・いや〜、女性ファンを増やしたくて・・・」
 
\電気の記事、すっごく面白いよ~/

写真:インタビュー中の様子。

そうでした…木滝先生は新しモノ好きで、プラグインハイブリッドEVシステムを搭載した「アウトランダーPHEV」が2012年12月に発表(2013年1月発売)された際に、真っ先にご予約注文を頂きましたし、
さかのぼる事、2002年6月のこと。エアトレックにスポーティモデル「ターボR」が追加された際には、エンジンの「4G63型」、ランサーエボリューションに搭載されているエンジンというだけで、即注文されたそうです。

あぁ、木滝先生。自作ポータブル電源(電気の工作系)の記事で、こんなにも会話が膨らむなんて・・・私の浅はかな考え(電気の話しって難しいのかな?)で鹿島店・店舗ブログの女性ファンを増やすためには「お洒落な料理系の記事」しかないと思ったこと・・・

わっかりました!!ブレずに、これからも、電気系の記事を発信していきます。

と言うことで、木滝先生へのインタビュー終了後、まとめますと、これからも鹿島店・店舗ブログは、日曜大工の製作系。電気の実験系。キャンプなどのアウトドア系。感染対策がしっかりされているお出かけスポット紹介系。そして定期企画入りしたオトコ飯系で記事発信して行きます。
 
\鹿島店店舗ブログ、みらっせ~。そしてお店へ、きらっせ~/

写真:木滝先生と私伊藤にて、インタビュー後の記念写真。

木滝先生、インタビューを快く受けて頂き、まっこと、ありがとうございます。

これからも「電気(系)の話題の記事」は、三菱自動車は電動車両(PHEVシリーズ)のリーディングカンパニーの意味合いも込めて発信し続けていきます。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 birthday

『開催予告「ゴールデンセール」、5月3日(祝)~5月23日(日) 営業日は毎日開催します♪』

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆
 
 

☆開催予告☆

5月3日(祝)10時より「ゴールデンセール」を開催いたします。

5月3日(祝)~5月23日(日)の営業日は毎日開催いたします。
※5/6(木)・11(火)・12(水)・18(火)・19(水)は休業日となります。

 
発信:営業スタッフ 伊藤 present

『オトコ飯(めし)、キャンプ料理編♪』☆きらっせ伊藤の休日キャンプ飯(めし)。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

今回のオトコ飯(めし)は、簡単キャンプ飯の1品の紹介です。

料理名「アスパラ巻き巻きベーコン 青葉若葉のさわやかな風にのせて」
 

【 レシピ 】
ベーコン
アスパラ
塩・こしょう

【 作り方 】
手を洗い、手指消毒をしておきます。

①料理をしてる感じを出すために、ベーコンは袋から出して、アスパラと一緒に写真を映える様に撮ります。
※お好みで①は省略して②から始めても可。
 

②沸騰したお湯にアスパラを丸ごと投入。下ゆで(塩ゆで)をします。
 

③ベーコンをアスパラに巻いて行きます。

④準備しておいた炭火で網焼きして行きます。
※ベーコンに焦げ目が付いてきてから写真を撮った方が良いです。
 

仕上げに、塩こしょうを1メートルくらい高い位置からパラパラとかけます。
※写真撮影の際は、腕の角度などカッコ良さ、ワイルド感を意識しましょう。(この時の写真はないです・・・。)

⑤ベーコンの巻きがあまかったため、ちょいほつれましたけど、完成!

料理名は「アスパラ巻き巻きベーコン 青葉若葉のさわやかな風にのせて」
 

オトコ飯(めし)、簡単キャンプ飯の1品の紹介記事でした。
 

今回の記事は料理方法と合わせて、記事作成はこんな感じで作っている裏方話しを書いてみました。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 event

『チャレンジ企画は、無限に出てくる件♪』☆きらっせ伊藤の休日チャレンジしたいこと編。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

自作ポータブル電源の製作も完了し、次なるチャレンジ企画は、
 

写真:自作ポータブル電源の外装パネルはカーボン柄ラッピングをしました。

ポータブル電源の外装パネルに使用した「カーボン柄ラッピングフィルム」があまったので、クルマのグローブボックス、ドアミラーをイメージチェンジでラッピングしてみようと。
 

写真:カーボン柄ラッピングフィルム

今、動画共有サービスでカーラッピングのやり方を勉強中です。

次なる休日のチャレンジ企画は「カーラッピング編」です。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 run

『すべては、ハイブリッドキャンプをバージョンアップさせるため♪』☆営業スタッフ「きらっせ伊藤」の勝手にコラム。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

すべては、ハイブリッドキャンプをバージョンアップさせるため。
☆営業スタッフ「きらっせ伊藤」の勝手にコラム。☆

ハイブリッドとは・・・辞書で調べると「複数の方式を組み合わせた工業製品」とのこと。

クルマのハイブリッドとは、燃料で動くエンジンと電気で動くモーターの2つの動力源を備えた自動車を指すことが多くなっています。複合システムであれば「ハイブリッド」となります。

さて、本題の「ハイブリッドキャンプ」ですが、料理などの『熱源』には薪、炭、ガス缶等を使い。『光源』には電気を使う。複数のエネルギー源を使うキャンプのことです。
 

写真:休日中の「きらっせ伊藤」です。

今までの、自作ポータブル電源製作のチャレンジ記事↓

『電気の仕組みを勉強している今日この頃の話し♪』2021年2月6日

『チャレンジ計画の近況報告♪』2021年3月4日

『PHEVシリーズのリチウムイオン駆動用バッテリーを知れば知るほど、当たり前のことがありがたくなる件♪』2021年3月24日
 
写真:プロトタイプの自作ポータブル電源(左)と、市販品のポータブル電源の大きさ比較。
大きさがある分、自作品の方がバッテリー容量が3倍強、出力は3.5倍近く違います。

 完成しました!
AC100V・1500Wが出力できる「自作ポータブル電源システム」
 

写真:自作ポータブル電源を使って電気ケトルでお湯沸かし中~

システム概要は、電池パックに、直流・交流を変換する装置を連結させて、電池の残量と使用電力量が確認出来るモニターを装着。

スチールパイプの骨組みを作成して、その中に電源システムを各パーツを固定して、外装パネルを装着。

う〜ん、無骨感あふれるポータブル電源システムが出来上がりました。
 

写真:薄い木製合板にカーボン柄フィルムを貼付けネジ止めしました。

これで、電気のない場所でお湯を沸かすことが出来ます。

これから、どこまでの家電製品が使用できるか、実証実験をします。
 
余談ですが、こんな自作ポータブル電源システムを作らなくても、アウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEVなら、駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーから電気が取り出せる「給電システム」が装着されています。

デリカD:5ディーゼルに乗っている私にとっては、そのPHEVシリーズの給電システム、うらやましいです。

すべては、ハイブリッドキャンプをバージョンアップさせるための記事をお送りしました。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 bud