鹿島店

店舗情報

取扱商品
住所 〒314-0127 茨城県神栖市木崎2854
営業時間 10:00~18:00
休業日 毎週火曜日・水曜日 ※祝日や長期連休に伴い、火曜日・水曜日を営業日とする場合がございます。 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
電話 0299-92-6350
FAX 0299-92-9622
設備 キッズコーナー、おむつ交換台、ベビーキープ、バリアフリー化粧室、車いす用駐車スペース、フリーWi-Fi
決済方法 現金、クレジットカード、Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、その他交通系電子マネー
※「PiTaPa」はご利用いただけません。
※当社店舗では電子マネーのチャージは出来ません(楽天Edyのオートチャージは除く)

充電設備

鹿島店ブログ

『PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の魅力をもっとお伝えしたい件♪』☆KBEP#08☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

鹿島店ショールーム。

「魅せる!PHEV」、想い(構想)を形(展示・掲示・飾り付け)にしました。

鹿島店のショールームに見に来てください。


3つのテーマに絞って、PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の魅力をお伝えしております。

①PHEVシリーズの「アウトドアで使える給電システム、AC100V 最大1500W出力の無限の可能性」


写真:アウトドアでの給電装置の使い方の紹介


写真:家電製品が動かせるのか?体感コーナー

②「DENDOコミュニティサポートプログラム・災害発生時の自治体との給電活動支援

③「PHEVの駆動用バッテリーの電力を家庭に供給する、V2Hシステム

給電機能の『移動する電源体』をテーマにエクリプスクロスPHEVの展示車を使い、鹿島店のショールームにてお魅(見)せする様にしました!


鹿島店は、電気自動車・PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)のプロフェッショナル集団ですから、もっともっと「電気✕モーターで走るクルマ」「停まっている時も、価値あるクルマ」の魅力をお伝えしたい!

『鹿島店ショールーム&店舗ブログ』で、PHEVの魅力を伝えるプロジェクト!!

プロジェクト名は『KBEP』発音は、ケイベップ。

 KASHIMA(鹿島店の鹿島)
 BASE(ベース/基地、拠点)
 ELECTRIC(エレクトリック/電気の、電気的な)
 Project(プロジェクト/研究課題、目標)

写真:営業時間終了後に、ショールームの照明を消して、PHEVから給電して点灯している連続LED電球だけで、照らしてみました。

「PHEVのある生活」を鹿島店プロフェッショナル集団は、とことん本気でサポートします!

KASHIMA BASE.E(鹿島ベース.E)
KASHIMA LABO.(鹿島店ラボ.) 伊藤  thunder

『デリカD:5の魅力をお伝えする!オーナー様参加型の新企画コーナー「KASHIMA BASE(鹿島ベース)」#29♪』

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

鹿島店の店舗ブログ、定期企画コーナー「KASHIMA BASE(鹿島ベース)」

鹿島店をご利用頂いているオーナー様参加型の「デリカD:5」の魅力をお伝えする記事内容になっています。

第29回目のデリカな人は、デリカD:5にお乗りの荒木様です!


(「デリカな人」とは・・・とことん本気で遊べて、デリカD:5をやりたいことのサポートカーとして使う人のこと。)

休日は「チーム荒木探検隊」。ご家族皆さんで、アクティブに過ごされています。

キャンプは連泊で楽しい時間を過ごされています。

栃木県那須町のキャンプ場は、近くに温泉があったり、遊べる場所も多いので、キャンプ場をベースキャンプにして、色々と楽しまれるそうです。


冬はワカサギ釣りに行ったり、


河口部に、ボートにのって魚釣りを楽しんだり、


デリカD:5の荷室には、やりたい事を積み込んで。まさに、デリカな人、デリカが似合うご家族ですね〜。


ちなみに、今までも4WDのクルマには乗られていて、デリカD:5を選ばれた理由も4WDであるから。

ロケーションの良いキャンプ場の入り口やキャンプサイトの通路などは、悪路になっていることもあったり。マウンテンバイク(オフロード用自転車)を走らせるための専用コースへ行くための急坂の林道。冬は、雪遊びのための目的地周辺の雪深い道。

とにかく本気で遊ぶためには、どんな道でもしっかりと走れる4WD車でないと、目的地に安心してたどり着けないからと。

デリカD:5のディーゼルエンジンのぶっといトルク感(低速からひっぱるエンジンの力)が、特に気に入って頂いています。

それでは、これからもデリカD:5のある生活を楽しんで下さい。

鹿島店の店舗ブログ、新企画コーナー「KASHIMA  BASE (鹿島ベース)」第29回目の記事でした。

▶鹿島ベースの記事の前に、ご提供頂いたキャンプ写真で登場してもらった記事
『最高のキャンプの思い出、募集中です♪』#デリカでキャンプマジック 2021年9月24日
 
KASHIMA BASE(鹿島ベース)伊藤 event

追伸、荒木様、三菱自動車ホームページで「#デリカでキャンプマジック」を募集中ですが、鹿島店・店舗ブログ用に、引き続き「デリカで本気で遊ぶ家族!チーム荒木探検隊」の写真のご提供をお待ちしています。

『PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の魅力をもっとお伝えしたい件♪』☆KBEP#07☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

鹿島店ショールーム。

「魅せる!PHEV」、想い(構想)を形(展示・掲示・飾り付け)にしました。

写真は、展示・掲示中の様子です。(8割方完成状態の様子です。)

当初の予定より1週間ずれ込んでいますが、その分の想いがギュッ〜と詰まっています。

完成版はぜひ!鹿島店のショールームに見に来てください。

3つのテーマに絞って、PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の魅力をお伝えしております。

①PHEVシリーズの「アウトドアで使える給電システム、AC100V 最大1500W出力の無限の可能性」

②「DENDOコミュニティサポートプログラム・災害発生時の自治体との給電活動支援

③「PHEVの駆動用バッテリーの電力を家庭に供給する、V2Hシステム

給電機能の『移動する電源体』をテーマにエクリプスクロスPHEVの展示車を使い、鹿島店のショールームにてお魅(見)せする様にしました!

写真:ショールーム、クローズ後に飾り付けた連続電球のみを照らしてみました。

鹿島店は、電気自動車・PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)のプロフェッショナル集団ですから、もっともっと「電気✕モーターで走るクルマ」「停まっている時も、価値あるクルマ」の魅力をお伝えしたい!

『鹿島店ショールーム&店舗ブログ』で、PHEVの魅力を伝えるプロジェクト!!

プロジェクト名は『KBEP』発音は、ケイベップ。

K KASHIMA(鹿島店の鹿島)
B BASE(ベース/基地、拠点)
E ELECTRIC(エレクトリック/電気の、電気的な)
P Project(プロジェクト/研究課題、目標)


「PHEVのある生活」を鹿島店プロフェッショナル集団は、とことん本気でサポートします!

KASHIMA BASE.E(鹿島ベース.E)
KASHIMA LABO.(鹿島店ラボ.) 伊藤
 thunder

『PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)の魅力をもっとお伝えしたい件♪』☆KBEP#06☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

威風堂々!ショールーム展示・掲示、完成!!!

鹿島店ショールーム「魅せる!PHEV」、想い(構想)を形(展示・掲示・飾り付け)にした状態、完成しました。

ぜひ!鹿島店ショールームへご来店ください。きらっせ、きらっせ~

今回の記事は、完成間近の様子をお伝えします。


写真:準備段階の様子です。

当初の予定より1週間ずれ込みましたが、その分の想いがギュッ〜と詰まっています。

PHEVシリーズの展示コーナーのテーマは3点

「アウトドアで使える給電システム、AC100V 最大1500W出力の無限の可能性」

「DENDOコミュニティサポートプログラム・災害発生時の自治体との給電活動支援

「PHEVの駆動用バッテリーの電力を家庭に供給する、V2Hシステム

給電機能の『移動する電源体』をテーマにエクリプスクロスPHEVの展示車を使い、鹿島店のショールームにてお魅(見)せする様にしました!

巨大パネルを作成して、給電機能紹介。
 

①PHEVの給電に使う駆動用バッテリーとポータブル電源との容量比較・稼働時間比較。

②キャンプで使える家電製品の消費電力一覧

③PHEVから給電して、ホットプレート料理をする「ホットプレート作る料理レシピ紹介」


④自治体との災害時協力協定の説明。茨城県内の自治体との協定状況の紹介

⑤家庭で電気自動車を蓄電池として給電する暮らし方の「V2Hシステムのある生活」をはじめているお客様宅への訪問レポート紹介。

等など、PHEVシリーズの給電システムを鹿島店バージョンで魅力を感じて頂ける様に展示・掲示中です。

鹿島店は、電気自動車・PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)のプロフェッショナル集団ですから、もっともっと「電気✕モーターで走るクルマ」「停まっている時も、価値あるクルマ」の魅力をお伝えしたい!

鹿島店ショールームへ、見にきらっせ、きらっせ~
 

『鹿島店ショールーム&店舗ブログ』で、PHEVの魅力を伝えるプロジェクト!!

プロジェクト名は『KBEP』発音は、ケイベップ。

 KASHIMA(鹿島店の鹿島)
 BASE(ベース/基地、拠点)
 ELECTRIC(エレクトリック/電気の、電気的な)
 Project(プロジェクト/研究課題、目標)

\鹿島店の「K」/

写真:鹿島店の「チーム鹿島灘 5人衆」の内の3人。

「PHEVのある生活」を鹿島店プロフェッショナル集団は、とことん本気でサポートします!

KASHIMA BASE.E(鹿島ベース.E)
KASHIMA LABO.(鹿島店ラボ.) 伊藤
 thunder

『直江様、デリカD:5、ご納車ありがとうございます♪』☆本気で遊ぶなら、デリカD:5。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

直江様、デリカD:5、ご納車ありがとうございます。


『お気に入りのキャンプ場に、デリカD:5で行きたい!』

そのクルマで、○○をしたい!と、イメージが膨らむクルマ。それが唯一無二のミニバン✕4WD✕ディーゼルのクルマが「デリカD:5」ですよね。

念願の「デリカD:5でキャンプ」、いよいよデビューできますね!


ぜひ!デリカD:5でのキャンプ時間を楽しんで下さい。

KASHIMA LABO.(鹿島ラボ.) 伊藤 event