鹿島店

店舗情報

取扱商品
住所 〒314-0127 茨城県神栖市木崎2854
営業時間 10:00~18:00
休業日 毎週火曜日・水曜日 ※祝日や長期連休に伴い、火曜日・水曜日を営業日とする場合がございます。 詳しくは営業カレンダーをご覧ください。
電話 0299-92-6350
FAX 0299-92-9622
設備 キッズコーナー、おむつ交換台、ベビーキープ、バリアフリー化粧室、車いす用駐車スペース、フリーWi-Fi
決済方法 現金、クレジットカード、Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、その他交通系電子マネー
※「PiTaPa」はご利用いただけません。
※当社店舗では電子マネーのチャージは出来ません(楽天Edyのオートチャージは除く)

充電設備

鹿島店ブログ

『ゴールデンセール、開催中です♪』☆5月23日(日)まで、営業日は毎日開催。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

ゴールデンセールは、5月23日(日)まで、営業日は毎日開催中です。


※フェア期間中の休業日、5月18日(火)・19(水)
 
 
今回のゴールデンセールのテーマは「楽しもう!パーソナルな大人の休日。」
 

新しい生活様式が定着して来た今だからこそ!安心・快適なお車でお出かけしませんか?

鹿島店スタッフ一同は、全力で大切なお客様のカーライフをサポートいたします。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 bell

『チャレンジ企画、自作・燃焼調理器具でパラパラのチャーハンを作る♪』☆オトコ飯(めし)、キャンプ料理〜後編〜。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

チャレンジ企画、自作・燃焼調理機器でパラパラのチャーハンを作る。「オトコ飯(めし)、キャンプ料理」、後編の記事です。

オトコ飯(めし)、キャンプ料理名↓

「大火力で作るので、パラパラになるはずが、びちゃびちゃで出来上がって残念だけど、レシピはグッとなチャーハン」

 

写真:パラパラのチャーハンには出来ず・・・
 
レシピはこちら!(2人分)

パック入りご飯 2個
小ねぎ 適量
たまご 2個で良かった
にんにく 適量
やきとりの缶詰 2個
中華だしペースト 適量
塩、こしょう、サラダ油

 

 
パラパラに出来たら最強のチャーハンの作り方

①パック入りごはんを、まずは開封せず、手で揉んでバラバラにします。
※湯煎も、電子レンジでの温めも不要です。

②開封して、ご飯にとき卵をこぼれないように入れて、混ぜて行きます。

 

 
③調理開始!ロケットストーブの大火力で熱したフライパンにサラダ油投入、そしてニンニク投入!
※ロケットストーブがない場合は、カセットコンロ等をお使い下さい。

 

 
④ニンニクがカリカリ気味になたら、ごはんパックの「とき卵混ぜごはん」を投入!

➄ごはんがひと粒、ひと粒、パラパラになるはずが・・・ならず、缶詰のやきとり、中華だしペースト、塩・こしょうを投入!仕上げに小ねぎを散らして、びちゃびちゃのチャーハンで完成!

 

出来上がり~!!!オトコ飯(めし)、キャンプ料理名↓
「大火力で作るので、パラパラになるはずが、びちゃびちゃで出来上がって残念だけど、レシピはグッとなチャーハン」
 

 
レシピはオトコ飯(めし)として最強で、火力も最強という好条件でありにも関わらず、パラパラのチャーハンが出来なかったことは残念でしたが、今後の再チャレンジ課題も見えました。

パラパラのチャーハン作りの次の課題として、

①フライパンを五徳から離し過ぎぎみのため、炎の熱を逃してしまっている?

②ロケットストーブを台に載せてかさ上げして、一般的な調理台と同じ高さにして調理しやすい環境にする。

③風の影響もあるので、3面風防を設置して、熱源の炎をより効率的に使えるようにする。
以上の3点から、ロケットストーブ専用の簡易調理台を製作すれば、パラパラのチャーハンが作れるはず!そして、調理台は持ち運べる様に、組立て式か、折りたたみ式で。


チャレンジの情熱は無限大!

チャレンジ企画、自作・燃焼調理機器でパラパラのチャーハンを作る♪オトコ飯(めし)、キャンプ料理〜後編〜でした。

 
発信:営業スタッフ 伊藤 restaurant

追記、
今回の「パラパラチャレンジ、チャーハン」で使用している燃焼器具は、自作の「ロケットストーブ」です。

ひとつ作っておくと、なにかと便利なものです。作り方を以前の記事で発信していますので、ぜひ!ご参考までに↓


『休日チャレンジ企画!燃え上がる炎でコーヒーを淹れてみる♪』☆ロケットストーブ製作①。☆ 2021年1月10日記事

『チャレンジ企画、自作・燃焼調理具でパラパラのチャーハンを作る♪』☆オトコ飯(めし)、キャンプ料理〜前編〜。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

今年1月に製作した「ロケットストーブ」。
 

写真:グレイのペール缶から炎が上がっているのが「ロケットストーブ」

20Lのペール缶2つを重ねて、薪ストーブ用の煙突を中に入れて、断熱材を入れて二重構造にして、煙突下部に燃料(薪、枝、廃材など)を投入。

煙突効果で、炎が煙突上部へと引き上げられ、燃焼出来なかった白煙も二次燃焼できるという優れた燃焼具。
 

煙突下部から上昇気流が発生すると、ゴォーーと煙突上部へと引き上げられる音が聞こえてくるのが、たまりません。

立ち上がる炎を見ていて、これほどに強い火力なら、絶対に美味しいパラパラのチャーハンが出来るはず!

「炎を制するものは、料理も制する!」

今までも、このロケットストーブでお湯を沸かしたり、鍋料理をして、火力の強さは実証済み。次のステップとして「大火力で作る、オトコ飯チャーハン」のチャレンジ!

チャレンジ企画、自作・燃焼調理機器でパラパラのチャーハンを作る。オトコ飯(めし)、キャンプ料理の後編記事を合わせて作成中です。
 

写真:立ち上がる炎で、パラパラのチャーハン作りチャレンジ!

自作燃焼具の「ロケットストーブ」の製作記事は、こちら↓

『休日チャレンジ企画!燃え上がる炎でコーヒーを淹れてみる♪』☆ロケットストーブ製作①。☆ 2021年1月10日記事

『休日チャレンジ企画!燃え上がる炎でコーヒーを淹れてみる♪』☆ロケットストーブ製作②。☆ 2021年1月12日記事
 
発信:営業スタッフ 伊藤 event

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

キャンプ等のアウトドアには、デリカD:5が強力なサポートカーとなります。

三菱自動車スペシャルサイトの紹介です。
デリカD:5の魅力がわかる、見応えあるコンテンツです!
 

『おすすめの登山情報♪』☆男体山(栃木県日光市)。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

すでに開山となっている、おすすめの登山情報~男体山(栃木県日光市)〜の紹介です。

登山期間は4月25日から11月11日。

日光二荒山神社から登ります。毎朝6時に開門受付けとなり登り始められます。

山頂近くになると森林限界となり、風が吹いていると、かなり寒いです。ウインドブレーカーなどの防寒着は必ず持っていった方が良いです

 

写真:男体山の頂上付近から、中禅寺湖を見下ろす景色。

往復約6~7時間掛ります。

さて、私も2017年〜2019年と毎年5月に男体山登山はしており、昨年は登っていないので、今年はまたチャレンジしてみたいな〜と。

ちなみに、登山ルートはほぼ真っ直ぐ登って行きますが、どんどん岩場も急になってきて、まさに修行の山です。

おすすめの登山情報~男体山(
栃木県日光市)〜の紹介記事でした。

発信:営業スタッフ 伊藤 fuji

『ゴールデンセールは、5月23日(日)まで営業日は毎日開催しております♪』☆&最近の趣味の興味津々な話し。☆

こんにちは、はいっ!キラッセンジャーの伊藤です。

(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

 ゴールデンセールは、5月23日(日)まで営業日は毎日開催しております。
 

 
>詳しくは、こちら「展示会チラシ(Webチラシ)」

このセール期間中に、鹿島店へ、きらっせ、きらっせ~☆


(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆* ★*♪。☆

営業スタッフ「きらっせ伊藤」の最近の趣味での興味津々な話し。

自作ポータブル電源(リチウムイオンバッテリー使用)で、ますます「リチウムイオンバッテリー」に絶対的な信頼度が増している今日この頃。

 

 
趣味の日曜大工で使用しているネジ回しの電動工具「インパクトドライバー」ですが、私は100Vコンセントのコードで使用するもので使っています。
 

愛用しているインパクトドライバーは15年近く使っているもの。

使っていて特別不満はありませんが・・・、充電式インパクトドライバーもありなのかな~と。

この充電式インパクトドライバー、カードリッジ式の専用バッテリーを装着して使うようになっています。

そして、この専用バッテリーは「リチウムイオンバッテリー」ですから、もう興味津々ですね。

と、趣味の道具は、底なし沼的にどんどんハマッて行ってしまうので、この物欲をなんとか抑えている今日この頃の話しでした。
 
発信:営業スタッフ 伊藤 yacht